« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

ドーナツのあみぐるみ

子どものおもちゃ用にドーナツを編みました
ドーナツを編むってなんか変な表現(笑

色んな種類を編んだんですが
1つだけ超ゴージャスなドーナツ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「え」絵本の話

絵本って高いなぁと漠然と思ってました
一冊10ページ前後で千円くらい?
サイズによっても色々なんですが、それでも百ページ以上あるハードカバーの本と比べたら…って比べたらいけないのかな?(^_^;)

フルカラーだから高いのかな?
それともベストセラーみたくは売れないから前もって損をしないように値段を高く設定してるとか?

なんて想像をしてみたり
ひねくれますね

我が家は生協を頼んでいるのですが、生協のカタログに載っている本って5〜10%引きで買えるんです

こりゃお得!と思って時々購入するのですが、なにぶんカタログだけで注文するので、なんじゃこりゃー!な本にぶち当たったり、思ってた以上に面白い本が届いたりで、ちょっとしたギャンブル気分(笑)

そんなこんなで
買ったり貰ったりして絵本が沢山あります。
一年生の長男は寝る前にウルトラマンの図鑑か絵本を読んでるし、次男も読んで〜と寝る前に言ってきます

飽きずに何度も読む本もあれば、もう飾ってあるだけの本も…
先日、寝室に子供達が持ち込んで貯まってしまった本を本棚に戻そうとしたら

入らない!( ̄□ ̄;)!!
本が本棚のキャパを越えてしまった〜
たちが悪い事に私は本がなかなか捨てられないんです(^_^;)

あぁどうしよう…片付かない〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「う」ウサギの話

幼稚園の時、近所の友達がウサギを飼っていて「うちのウサギは鳴くんだよ」と教えてくれました「どんな鳴き声なの?」と質問すると、聞かせてくれると言うので遊びに行くことに

庭にウサギ小屋が作ってあって奥に真っ白のウサギが寝ていました
あー可愛いなぁウチもこんなウサギ飼いたいな。なんて言いながら抱っこさせてもらったりしたのですが

本題の鳴き声
ちょっと待ってね。と友達はウサギの耳をつかんでギュー!と引っ張りました( ̄□ ̄;)!!
じたばたするウサギ
あれーいつもは鳴くんだよ。ともう一度引っ張りました

キュウ!
ほら鳴いた!と嬉しそうな友達…
それは悲鳴なのでは?鳴くではなく泣くなのでは?

びっくりしました
でも飼ってもないので生態とか知らないし、こーゆーものなの?

意見とか出来ずに帰宅してしまったのですが、私の記憶ではそんなに長い期間ウサギはいなかったようです

そーいえば、小学校の時の友達もウサギを飼い始めたと言って見せてくれた事がありますが
「ウサギは水が嫌いだからあげちゃいけないんだよ」と言って飲み水をあげていませんでした

その時も、ウサギってそーなんだ?!と驚いたのですが、その友達も長くは飼っていなかったようです

最後に、ウチの母がバイトの面接から泣きそうな顔で戻ったので驚いて聞いてみると、某大手食品メーカーの研究所の雑用みたいな仕事に応募し、仕事場所を見せて貰ったらケージにモルモットやらウサギやらがいて添加物の影響を調べてるらしく、そのお世話の仕事だったそうなのです

母は動物が苦手なクセに凄く同情しちゃう人で、職場を見たら怖くなって断って帰宅したそうです
必要な実験とはいえ、見たくはない光景ですよね

ウサギの話を書き始めたら、ウサギの可愛さが全く生かされない怖い話ばかりになってしまいました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「い」いかの話

ウチのとーちゃんはイカが大好きです
刺身はもちろんイカ大根やイカフライ、アタリメさきいか何でも来いです

私の父が釣りが趣味でゴールデンウィーク辺りにムギイカを釣りに行くのですが、これがまた刺身にすると柔らかく溶けるように旨い!

その旨さを知ってしまったがために、スーパーマーケットの盛り合わせに入っているイカの刺身が不味く感じてしまう弊害を生むほど

義理の親子で数回ムギイカ釣りに行ってるのでよっぽどゲットしたい美味しさなんでしょう

ウチの父もとーちゃんも職種は違うけど職人で性質が似てるうえに無口、そんな2人が早朝から船に向かい黙々と釣ってる姿を思うと…笑いが込み上げます(^-^;

そんな魅力がイカにあるんですねぇ
私はイカは嫌いじゃないけど、そんなにぃ?的な立場むしろエビの方が好きかも

そんなある日、子供たちが妙に大人しいので様子を見てみると、3人ともとーちゃんが夕べ残したアタリメをモシャモシャむさぼってるではないか!

しかも一歳の三男まで前歯しか無いくせに一心不乱にかじっている(((^_^;)
遺伝?!イカ好きって遺伝するの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »