« 獅子丸七歳! | トップページ | 「い」いかの話 »

「あ」編みぐるみの話

編み物が趣味でよくなにかを作ります
作っている作業がどーやら私のストレス発散になってるようで没頭できるのも良い現実逃避

でも最近は育児やら家事やらでそんな凝った大掛かりな作業は出来ないので主に小物類、特に編みぐるみを作るようになりました

犬やら熊やらを(漢字で表記すると可愛い感じが無くなりますね)ちまちま作って、まぁ可愛い〜と自己満足

しかも完成した時点で達成感MAXなので、しばらく眺めたら人にポンボンあげちゃう事が多いのです

ウチの子供達も最初こそ喜んでくれるけど、すぐに飽きちゃう。
まぁそんなもんですよね〜
それならプレゼントして遊んで貰った方が良いなとの考えでした

しかし先日テレビを見ていたら、人形はお寺で供養してもらいましょう顔のついたものは特に念が入りやすいです。とやってて愕然としました!

今まで何の気なしにプレゼントしてだけど、貰った人って処分に困ってるんじゃ?買った人形でさえ捨てられずにいる人が多いそうなのに、ましてや手作り…

ただの毛糸なら簡単に捨てられるけど、それが形になり顔を持って愛情を受けたなら、そんな想像してたら、あぁ悪い事しちゃったなぁと反省
なかなか重いものを作ってたんだね

|

« 獅子丸七歳! | トップページ | 「い」いかの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109991/58101068

この記事へのトラックバック一覧です: 「あ」編みぐるみの話:

« 獅子丸七歳! | トップページ | 「い」いかの話 »